曖昧性評価装置およびプログラム

開放特許情報番号
L2013002343
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2008-064107
出願日 2008/3/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-223373
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第5128328号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 曖昧性評価装置およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 電子化されたテキスト情報を対象とした自然言語処理
目的 動詞の必須格による判断とは異なる方法を用いて文の曖昧性を評価することのできる曖昧性評価装置およびプログラムを提供する。また、多義的な動詞が含まれている文についても、より正しく、その曖昧性を評価することのできる曖昧性評価装置およびプログラムを提供する。
効果 文中に出現する節や単語などの表現が、どの程度、対象とする事柄を特定できているかを判断する基準となる曖昧性を数値的に評価することが可能となる。この技術は、自然言語を利用したマンマシンインタフェースの改善に大きく貢献する。例えば、Webなどで検索を行う場合、検索キーとして入力した文や節に曖昧性があれば、それを的確に指摘することができる。また、この技術は、機械によるテキスト理解の分野にも貢献する。
技術概要
曖昧性評価装置が、複数のテキストを記憶する記憶手段に含まれるテキストの中から、評価対象の表現を含む前記テキストを抽出する表現抽出部と、前記表現抽出部によって抽出された前記テキスト内において前記表現を修飾する文節を抽出する修飾文節抽出部と、前記表現抽出部によって抽出された前記テキストに関する統計量と、前記修飾文節抽出部によって抽出された前記文節に関する統計量とを基に、前記表現の曖昧性を表わす評価値を算出する曖昧性評価処理部とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT