近接型イメージインテンシファイア

開放特許情報番号
L2013002338
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2007-065666
出願日 2007/3/14
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-226730
公開日 2008/9/25
登録番号 特許第5166749号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 近接型イメージインテンシファイア
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 近接型イメージインテンシファイア
目的 製作がより容易で、FPNが抑制された近接型イメージインテンシファイアを提供する。
効果 製作が容易で、使用時のFPNを抑制することが可能な近接型イメージインテンシファイアを得ることが可能となる。
技術概要
入射面側に入射された電子により光を発する蛍光体が設置された光ファイバプレートを備え、ハイビジョンまたはそれ以上の高解像度に対応した近接型イメージインテンシファイアであって、
前記光ファイバプレートは、コア部とその周囲に設置されたクラッド部とからなる光ファイバを複数本結束させることにより構成され、前記コア部は、長手方向に垂直な断面が8μm以下の直径を有し、
各コア部の先端には凹部が形成され、該凹部は、少なくとも0.1μm〜1μmの深さを有し、
前記蛍光体は、粉末を含まず、前記凹部の底面に層状に形成された蛍光体層として設置され、
該蛍光体層は、一般式が(MI)Ga↓2S↓4:Re(ここで、MI=Ca、SrまたはEuであり、Re=Eu↑(2+)またはCe↑(3+)である)で表される材料で構成され、
前記蛍光体層は、厚さが0.5μm〜1μmの範囲であることを特徴とする近接型イメージインテンシファイア。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT