カメラハウジング

開放特許情報番号
L2013002322
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2007-135478
出願日 2007/5/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-292565
公開日 2008/12/4
登録番号 特許第5242948号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 カメラハウジング
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 カメラハウジング
目的 半水面撮影において空中と液体内部の境界線を静定させて撮影を行うことが可能なカメラハウジングを提供する。
効果 映像を見やすく保ちつつ、波を消波して液面を静定する効果を最大化することが可能である。
波がハウジング部に到達するまでにその波高を低減することができる。
よって、本発明によれば、半水面撮影において空中と液体内部の境界線を静定させて撮影を行うことが可能となる。
技術概要
光学的開口部を有し、該光学的開口部を通して撮影をするようにカメラが収められるハウジング部と、
液面に対して略平行で且つ前記光学的開口部に近接して取り付けられた板状構造物と、
を備え、
前記板状構造物は、その表面に複数の凹凸構造を有し、前記液面に対する前記板状構造物の上面における複数の前記凹凸構造が、液体の流動に対して抵抗を生じさせ、または、前記液体を受動的若しくは能動的に吸収または排出する形状、構造であり、且つ前記上面と前記板状構造物の前記液面に対する下面との厚みが前記光学的開口部に向かって減少する形状を有する
ことを特徴とするカメラハウジング。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT