撮像素子及び撮像装置

開放特許情報番号
L2013002320
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2007-127995
出願日 2007/5/14
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-283119
公開日 2008/11/20
登録番号 特許第5144956号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像素子及び撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 撮像素子及び撮像装置
目的 従来のものよりも開口率を高めて感度を向上させることができ、しかも小型軽量化及び構造の簡易化を図ることができる撮像装置を提供する。
効果 本発明に係る撮像素子及び撮像装置は、従来のものよりも開口率を高めて感度を向上させることができ、しかも小型軽量化及び構造の簡易化を図ることができるという効果を有し、テレビカメラやビデオカメラ等の撮像素子及びそれを備えた撮像装置等として有用である。
技術概要
撮像装置30は、被写体光を受光する受光部10と、受光部10に交流電圧を印加する交流電圧印加回路31と、受光部10の電流値を測定する電流値測定回路32と、電流値測定回路32が測定した電流値に基づいて信号電流を演算する信号電流演算回路33と、光の3原色の色画像信号を生成するプロセスアンプ34とを備え、受光部10は、光の3原色光をそれぞれ吸収する複数の材料を含む感光膜を備え、複数の材料は、所定周波数において互いに異なるインピーダンス値をそれぞれ有し、複数の材料のインピーダンス周波数特性を利用して、光の3原色光の信号を受光部10から取り出す構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT