診断対象物の評価方法および評価装置

開放特許情報番号
L2013002309
開放特許情報登録日
2013/11/12
最新更新日
2013/11/12

基本情報

出願番号 特願2005-239061
出願日 2005/8/19
出願人 独立行政法人科学技術振興機構、国立大学法人三重大学、山本 隆義
公開番号 特開2007-051982
公開日 2007/3/1
登録番号 特許第4049331号
特許権者 山本 隆義
発明の名称 診断対象物の評価方法および評価装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 評価対象物の状態を評価するための技術、診断対象物の新規な評価方法および評価装置
目的 評価対象物の状態を容易に且つ精度良く判定して異常の発生を高い信頼性をもって検出することを可能にし得る、評価対象物の新規な評価方法および評価装置を提供する。
効果 評価対象物の状態の変化有無の判定および状態種類の同定を、複雑な人手の操作を必要とすることなく簡易に、且つ高精度に行うことができる。
よって、本発明は実際の状態診断やパターン認識などの分野において、高精度の状態診断アルゴリズムを提供でき、計算機による状態診断の自動化および診断装置の実現に役立つ。
技術概要
評価対象物から予め取得した基準状態信号と、測定時に取得した測定状態信号とについて、その変化した度合を、周波数スペクトル成分の統計値を用いた統計検定等により求め、その結果に基づいて状態判定を行う。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 山本 隆義

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT