震動データ記録装置、震動データ記録システム及び震動データ記録方法

開放特許情報番号
L2013002256
開放特許情報登録日
2013/11/1
最新更新日
2015/8/14

基本情報

出願番号 特願2007-012263
出願日 2007/1/23
出願人 独立行政法人防災科学技術研究所、青井 真
公開番号 特開2008-180514
公開日 2008/8/7
登録番号 特許第4465508号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所、青井 真
発明の名称 震動データ記録装置、震動データ記録システム及び震動データ記録方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 震動データ記録装置、震動データ記録システム及び震動データ記録方法
目的 トリガ記録方式でありながら、揺れ始めからの震動を取り逃すことなく記録することのできる震動データ記録装置、震動データ記録システム及び震動データ記録方法を提供する。
効果 震動データ記録装置、震動データ記録システム及び震動データ記録方法により、地震計が地震動の到達前に震動の記録を始めることができる。それによって、トリガ記録方式でありながら、揺れ始めを取り逃すことなく記録することができる。
技術概要
緊急地震速報等を受信する通信部と、震動データを一定時間ずつ繰り返し記憶する一時記憶手段、震動データを記録するデータ記録装置、及び、前記通信部の受信した情報から、前記データ記録装置で震動データを記録するか判断するトリガ処理装置を有する処理部と、を備え、前記処理部は、前記通信部が受信した前記緊急地震速報等の情報から地震の震動レベル及び到達時刻を予測し、予測した地震の震動レベルが所定値以上で、予測した到達時刻が予測を実行した時より前の場合、予測した到達時刻まで遡って前記一時記憶手段から前記データ記録装置に震動データを記録させることを特徴とする震動データ記録装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT