硝酸イオンの還元方法

開放特許情報番号
L2013002250
開放特許情報登録日
2013/11/1
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2012-036314
出願日 2012/2/22
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2013-170983
公開日 2013/9/2
発明の名称 硝酸イオンの還元方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 硝酸イオンの還元方法、放射性元素を含有した廃液の処理方法
目的 アンモニアの生成を十分に抑制することのできる、効率の良い硝酸イオンの還元方法を提供する。
効果 アンモニアの生成を十分に抑制することのできる、効率の良い硝酸イオンの還元方法を提供することができる。
本発明において脱硝触媒としては、例えば活性炭にパラジウムと銅を担持したもの、あるいは前記パラジウム−銅担持触媒に鉄あるいはニッケルを添加したものなどが好適である。鉄あるいはニッケルの添加は、パラジウム−銅担持触媒の耐久性を高める効果がある。
技術概要
触媒を用いて溶液中の硝酸イオンを還元する方法において、前記溶液に還元剤としてアルコールを添加することを特徴とする硝酸イオンの還元方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT