電磁鋼板の熱改質方法

開放特許情報番号
L2013002222
開放特許情報登録日
2013/10/25
最新更新日
2013/10/25

基本情報

出願番号 特願2004-267640
出願日 2004/9/15
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2006-083416
公開日 2006/3/30
登録番号 特許第4478796号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 電磁鋼板の熱改質方法
技術分野 金属材料、電気・電子
機能 加熱・冷却、材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 電磁鋼板の熱改質方法
目的 高周波鉄損が低く、かつ高い降伏強度を有する電磁鋼板の熱改質方法を提供する。
効果 オーステナイト領域の温度に急速加熱した後、オーステナイト領域以下の温度に急速冷却する加熱・冷却工程を少なくとも3回以上繰り返す熱処理を施すため、高周波鉄損が低く、かつ高い降伏強度を有する電磁鋼板を得ることができる。
技術概要
電磁鋼板の熱改質方法は、Siを2〜4%含有する鉄合金素材に、オーステナイト領域の温度に急速加熱した後、オーステナイト領域以下の温度に急速冷却する加熱・冷却工程を少なくとも3回以上繰り返す熱処理を施す。この熱処理により、平均結晶粒径を3〜15μmに調製する。熱処理を加熱源として高周波電源またはレーザを用いる。得られる電磁鋼板の降伏強度は440MPa以上である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT