誘電泳動装置および方法

開放特許情報番号
L2013002210
開放特許情報登録日
2013/10/25
最新更新日
2013/10/25

基本情報

出願番号 特願2009-536128
出願日 2008/9/26
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 WO2009/044902
公開日 2009/4/9
登録番号 特許第5120968号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 誘電泳動装置および方法
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 誘電泳動装置および方法
目的 誘電泳動を利用して誘電体粒子のハンドリング(移動,停止,分離,分別等),誘電泳動力の測定等が可能な誘電泳動装置を提供する。
効果 誘電泳動装置は,誘電泳動力測定装置,誘電体粒子のハンドリング装置,分別装置としても用いることができ,各種の方法(誘電泳動力測定方法,ハンドリング方法,分別方法)を実現することができる。
誘電泳動力と重力および浮力に基づく力とを釣り合わせることができ、小物体の移動を制御することもできる。
誘電泳動装置で好適に用いられるディバイス(装置)を提供でき、小物体の分離,排斥,分別等に利用することができる。
また,対象小物体としては生体細胞を含むあらゆる誘電体または誘電体部分を一部に含む小物体に適用可能である。
技術概要
誘電体溶液を充填しかつ誘電体部分を含む対象小物体を入れるためのケース,
上記ケース内の対象小物体に働く誘電泳動力と重力および浮力に基づく力との釣り合いに関して少なくとも一つの安定平衡点を生じさせる不均一交番電場を上記ケース内に形成する複数の電極を含む電極装置,ならびに
上記ケースおよび上記電極装置を保持して傾動させる傾動機構,
を備えた誘電泳動装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT