超伝導ケーブル、及び交流送電ケーブル

開放特許情報番号
L2013002199
開放特許情報登録日
2013/10/25
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2011-535421
出願日 2010/10/6
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 WO2011/043376
公開日 2011/4/14
登録番号 特許第5967752号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 超伝導ケーブル、及び交流送電ケーブル
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 超伝導ケーブル等
目的 超伝導体における縦磁界を強調することにより、電力の輸送効率を最大限に上げると共に、ケーブル自体を小型化した超伝導ケーブルを提供する。
効果 超伝導ケーブルにおいて、大容量の電力を輸送することができ、電力の輸送効率を格段に向上させることができる。
また、内側層で発生する磁界と外側層で発生する磁界とが相互に打ち消し合い、外側層は送電を行いつつ、遮蔽の役割を果たすことができ、シールドを設ける必要がなくなる。
技術概要
超伝導体を用いて電力を送電する超伝導ケーブルにおいて、
前記超伝導ケーブルの長手方向を基準方向とし、当該基準方向に対して正、又は負のいずれか一の角度で螺旋状に配設される超伝導材からなる導電部を備え、
当該導電部が複数の層からなり、最内層から最外層に向かって、螺旋の角度が前記基準方向に対して順次異なる角度であり、前記導電部に流れる電流により当該電流の流れと同方向に磁界を生じさせることを特徴とする超伝導ケーブル。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT