ラベルスイッチングネットワーク

開放特許情報番号
L2013002172
開放特許情報登録日
2013/10/23
最新更新日
2016/11/22

基本情報

出願番号 特願2011-285870
出願日 2011/12/27
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2013-135397
公開日 2013/7/8
登録番号 特許第6011762号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 ラベルスイッチングネットワーク
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ラベルスイッチングネットワーク
目的 1)大規模化、大消費電力化を抑制し、2)複数のフローを共通のエントリーで扱えるようにし、3)伝送途中でのラベルの付替え回数を抑制する。
効果 (1)スイッチングエンジンの大規模化、大消費電力化を抑制する、
(2)経路を共有する複数のフローを、同じパスに集約し、共通のエントリーで扱えるようにする、
(3)フレームの伝送の途中で必要な“ラベルの付替え処理”の回数を抑制する、
ことができる。また、ラベルをローカルに管理でき、オープンフロースイッチング方式に比べ、検索すべきビット長が短かくでき、“Don't Care”のビットがないので2値処理で済み、デバイスの小規模化、低消費電力化、小型化に寄与する。
技術概要
複数のスイッチ装置を介して接続された複数の端末間でフレームを伝送する上で、各スイッチ装置がフレーム内のラベルをスイッチング情報に変換してスイッチングを行うネットワークにおいて、送信端末は、1)フレームのラベルフィールドに第1と第2ラベル部分を設け、ラベル管理者またはその管理範囲を特定する識別情報を第1ラベル部分に設定し、ラベル管理者が付与したまたは管理範囲で規定されたユニークな符号を第2ラベル部分に設定する機能、2)フレーム内に表示制御フィールドを設け、付加ヘッダに対するヘッダフィールドでの表示領域あるいは非表示領域を指定する情報を設定する機能、の一方又は両方を有するヘッダ処理回路を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT