嗅覚ディスプレイ

開放特許情報番号
L2013002152
開放特許情報登録日
2013/10/23
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2012-030611
出願日 2012/2/15
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2013-167741
公開日 2013/8/29
登録番号 特許第5093543号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 嗅覚ディスプレイ
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、環境・リサイクル対策
適用製品 嗅覚ディスプレイ
目的 新規な、嗅覚ディスプレイを提供する。
また、時間的および空間的に限られた範囲に香りを提示でき、かつ装置自体を小型化できる、嗅覚ディスプレイを提供する。
さらに、1つの装置で複数種類の香りが提示可能である、嗅覚ディスプレイを提供する。
効果 圧電素子を有するダイヤフラムを利用した風力源を用いることによって、嗅覚ディスプレイを小型化できる。
また、複数種類の香りが提示可能となり、調合した香りの提示が可能となる上、空間制御のための調整が容易となる。
より素早い消臭が可能となり、また、香り成分の濃度調整も可能となる。
技術概要
嗅覚ディスプレイ10は、噴射口22を有する筐体12を含み、時間的および空間的に限られた範囲に香りを提示する。筐体12内には、隔壁14で区画された複数の香気室16が形成されており、香気室12内には、固形状の香源24が収納される。各香気室12には、圧電素子(32)を貼り付けたダイヤフラム(34)を備える風力源18が設けられる。各香気室12は、個別の香気通路52を介して噴射口22と連通されており、各香気通路52は、噴射口22の近傍位置にて合流されて1つの共有通路(54)とされると共に、その合流部分(56)には、ベンチュリ管構造が設けられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT