地盤液状化実験ボトル

開放特許情報番号
L2013002138
開放特許情報登録日
2013/10/17
最新更新日
2015/8/14

基本情報

出願番号 特願2000-110388
出願日 2000/4/12
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所、納口 恭明
公開番号 特開2001-296800
公開日 2001/10/26
登録番号 特許第3358178号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 地盤液状化実験ボトル
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 地盤液状化実験ボトル
目的 密閉容器で内部に手を入れずに重いもの、軽いものを砂水の表面に置いたり、埋めたりして液状化実験を行えるようにする。
効果 液状化によって沈むような重いものを砂水の表面に沈まないようにセットし、同じく液状化によって浮き上がるような軽いものを砂水の中にセットすることができる。しかも、密閉容器で内部に手を入れずに重いもの、軽いものを砂水の表面に置いたり、埋めたりして液状化実験を繰り返し行うことができる。
技術概要
密閉容器内で液状化現象の実験を行う地盤液状化実験ボトルであって、比重の異なる液体と粉体粒子とを前記液体の下方に前記粉体粒子の沈殿層が形成される容量で収容すると共に、前記液体と粉体粒子とを一様に混合したときの混合体より重く前記粉体粒子の沈殿層より軽い物体、又は前記混合体より軽く前記液体より重い物体の少なくともいずれかを収容し、前記粉体粒子の沈殿層が形成された状態から前記密閉容器を揺動させることにより前記混合体が形成されるように構成したことを特徴とする地盤液状化実験ボトル。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT