ロック機構付きバックル

開放特許情報番号
L2013002137
開放特許情報登録日
2013/10/17
最新更新日
2013/10/17

基本情報

出願番号 特願2011-134605
出願日 2011/5/31
出願人 ビルマテル株式会社
公開番号 特開2012-249999
公開日 2012/12/20
登録番号 特許第5049399号
特許権者 ビルマテル株式会社
発明の名称 ロック機構付きバックル
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 時計、スマートフォン、携帯型ミュージックプレーヤー、ウェアラブルデバイス、ウェアラブルコンピュータ、リストバンド型ヘルスケア機器、シューズ
目的 軽量かつ製作が容易であることに加えて、押圧部または掛止突起に直接作用する押圧力に対してもロック解除を防止することのできるロック機構付きバックルを提供することを目的とする。
効果 本発明のバックルは、構成する部品点数が少なく、合成樹脂で製造されるので、軽量であり、製造コストも廉価である。また、前記押圧部または掛止突起に直接作用する押圧力に対してもロック解除を防止することができる。
技術概要
操作板の上部を水平方向に移動可能なスライド片がバックル本体に設置され、スライド片が操作板の一端部側に移動した状態において操作板の揺動が規制され、スライド片を押圧部側に移動した状態において、スライド片の下面が前記押圧部の上面に当接する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 ビルマテル株式会社

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第5192607号
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT