コンビナトリアル合成を行うための反応装置、コンビナトリアル合成システム、及びコンビナトリアル合成方法

開放特許情報番号
L2013002126
開放特許情報登録日
2013/10/16
最新更新日
2014/1/31

基本情報

出願番号 特願2012-115675
出願日 2012/5/21
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2013-240758
公開日 2013/12/5
発明の名称 コンビナトリアル合成を行うための反応装置、コンビナトリアル合成システム、及びコンビナトリアル合成方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 コンビナトリアル合成を行うための反応装置、コンビナトリアル合成システム、及びコンビナトリアル合成方法
目的 加熱加圧条件下でコンビナトリアル合成を行うための反応装置、コンビナトリアル合成システム、及びコンビナトリアル合成方法を提供する。
効果 本発明によれば、加熱加圧条件下でコンビナトリアル合成を行うための反応装置、コンビナトリアル合成システムを提供することができる。また、本発明のコンビナトリアル合成システムを用いて、材料の合成をすることができる。
技術概要
加熱加圧条件下でコンビナトリアル合成を行うための反応装置であって、
試料が充填される複数の凹部が設けられた耐圧性の反応容器と、
前記複数の凹部の開口部を塞ぐ蓋部と、
前記反応容器に対して前記蓋部を固定するための固定手段と、を備え、
前記固定手段によって前記反応容器と前記蓋部とが固定された状態で加圧することにより、前記凹部上に位置する部分の前記蓋部が前記凹部側に変形するよう構成されている反応装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT