薄肉細管並びにこれを作製する引抜き加工装置および引抜き加工方法

開放特許情報番号
L2013002117
開放特許情報登録日
2013/10/16
最新更新日
2017/7/26

基本情報

出願番号 特願2013-157819
出願日 2013/7/30
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-042942
公開日 2014/3/13
発明の名称 薄肉細管
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 薄肉細管並びにこれを作製する引抜き加工装置および引抜き加工方法
目的 マグネシウム材料を基材とした円管からなる生分解性医療器具用途の薄肉細管であって、その長手方向および周方向の全域に渡って、精度良く所望の外径、内径を備えるとともに、材料組成を変更することなく、生分解時間の長さを制御することが可能な、薄肉細管の提供する。
効果 難加工性のマグネシウム材料を基材とした円管からなるにも関わらず、その周方向および長手方向の全域に渡って、精度良く所望の外径、内径および肉厚を備えることができる。また、基材の材料組成を変更することなく、変形率を改善し、かつ生分解時間の長さを制御することもできる。ゆえに、本発明は、生分解性医療器具用の薄肉細管の提供に寄与する。
本発明は、医療技術分野において、主に体内消失型の低侵襲ステント用部材としての利用が可能である他、インプラント部材や人口骨部材への利用も可能である。
技術概要
生分解性医療器具用の薄肉細管であって、前記薄肉細管は、六方晶構造のマグネシウム(Mg)を含有する結晶からなる円管であり、該円管を構成する結晶は、該円管の円管軸方向から見て、六方晶の底面(0001)が該円管の半径方向(内側面から外側面に向かう方向)と垂直をなす円周方向に対して所定の傾斜角で配向している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT