層間光波結合デバイス

開放特許情報番号
L2013002114
開放特許情報登録日
2013/10/16
最新更新日
2017/8/29

基本情報

出願番号 特願2014-505440
出願日 2013/10/4
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2015/011845
公開日 2015/1/29
発明の名称 層間光波結合デバイス
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 層間光波結合デバイス
目的 異なる光波回路層間で、光波回路中を伝搬する光波を、擬TEモードと擬TMモードとの両偏波に対して効率よく結合させかつ、製造等によって生じる構造的、並びに材料的な変動による結合効率の劣化を十分抑制できる層間光波結合デバイスを提供する。
効果 低損失でかつ、波長依存性と偏波依存性の低い光波回路層間の光波結合構造を実現することが可能となる。
技術概要
基板上に先鋭構造を有する少なくとも二個のコアが該二個のコアよりも屈折率が小さい他のコアを介して空間的に離隔するとともに、該二個のコアの先鋭構造は、平面視して重なりを持たないように配置されていることを特徴とする層間光波結合デバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT