リチウム吸着材料の製造方法およびリチウム吸着材料

開放特許情報番号
L2013002110
開放特許情報登録日
2013/10/16
最新更新日
2016/10/7

基本情報

出願番号 特願2013-147845
出願日 2013/7/16
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-020090
公開日 2015/2/2
発明の名称 リチウム吸着材料の製造方法およびリチウム吸着材料
技術分野 機械・加工、電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却
適用製品 リチウム吸着材料、および製造方法
目的 リチウムイオンに対する吸着特性をあまり損なわずにマンガンの溶出を抑制することが可能な、リチウムマンガン酸化物系リチウム吸着材料の製造方法。
効果 リチウムイオンに対する吸着特性をあまり損なわずに、マンガンの溶出を有意に抑制することが可能な、リチウムマンガン酸化物系リチウム吸着材料、およびそのようなリチウム吸着材料の製造方法を提供することができる。
技術概要
リチウムイオンの吸脱着が可能なリチウム吸着材料の製造方法であって、
(1)金属のイオンを含む第1の水溶液に塩基性溶液を添加して、前記金属の水酸化物オリゴマーを含む第2の水溶液を調製するステップと、
(2)前記第2の水溶液に、リチウムマンガン酸化物の粒子を添加して、懸濁液を調製するステップと、
(3)前記懸濁液を乾燥させて乾燥物を形成するステップと、
(4)前記乾燥物を酸化雰囲気中で加熱するステップと、
を有し、
前記(4)のステップ後に粒子状リチウム吸着材料が得られ、該粒子状リチウム吸着材料は、リチウムマンガン酸化物粒子と、該リチウムマンガン酸化物粒子の表面の少なくとも一部を被覆する金属酸化物を含むことを特徴とする製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT