原子状水素吸着除去方法およびその装置

開放特許情報番号
L2013002064
開放特許情報登録日
2013/10/14
最新更新日
2013/10/14

基本情報

出願番号 特願2007-246691
出願日 2007/9/25
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2008-031040
公開日 2008/2/14
登録番号 特許第4788924号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 原子状水素吸着除去方法およびその装置
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 原子状水素吸着除去方法およびその装置
目的 原子状水素を除去することができる原子状水素除去方法およびその装置を提供する。
効果 原子状水素を顕著に吸脱着可能な材料を利用して対象ガス中の原子状水素を除去することができる。
例えば可搬タイプとして、測定場所に搬送し、原子状重水素発生装置、測定対象ガスおよび質量分析装置にそれぞれ接続して使用することができる。
材料に吸着した原子状水素を除去できるため、同じ材料を繰り返して使用することができる。
技術概要
インコネル(登録商標)を加熱することによりインコネルに吸着した原子状水素を脱離させる脱離工程と、インコネルを原子状水素を含む対象ガス中に暴露することにより対象ガス中の原子状水素を吸着除去する吸着除去工程とを含むことを特徴とする原子状水素吸着除去方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT