データ処理装置及び方法

開放特許情報番号
L2013002061
開放特許情報登録日
2013/10/14
最新更新日
2013/10/14

基本情報

出願番号 特願2006-240739
出願日 2006/9/5
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2008-065477
公開日 2008/3/21
登録番号 特許第5130516号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 データ処理装置及び方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 データ処理装置及び方法
目的 学習データ及びその評価から、所定評価のデータ群及びそれらデータ相互の関係を獲得できるデータ処理装置及び方法を提供する。
効果 参照データ群は所定評価を有するものとなり、また結合強度により参照データ相互の関係を判断できるようになる。
所定評価のデータ群がどのような分類を有するかを把握できる。
入力データ及び出力データの望ましい関係を複数獲得し、入力データが与えられた場合に、各関係に応じて、望ましい出力データを複数出力できる。
結合強度を適切に更新できる。
技術概要
それぞれ入力データ及び出力データを含んで構成される複数の参照データを記憶する参照データ記憶手段と、
前記参照データの各組み合わせの結合強度を記憶する結合強度記憶手段と、
前記複数の参照データの少なくとも一部を、入力データ及び出力データを含んで構成される所与の学習データに対し、該学習データに対する評価に応じて接近させ又は離間させる参照データ更新手段と、
前記学習データとの類似度に応じて、少なくとも一つの前記参照データの組み合わせを選出する組み合わせ選出手段と、
前記組み合わせ選出手段により選出される前記参照データの組み合わせの結合強度を、前記学習データに対する評価に応じて更新する結合強度更新手段と、
前記参照データの各組み合わせの結合強度に基づいて、前記複数の参照データを分類する参照データ分類手段と、
前記参照データ分類手段による分類ごとに、該分類に属する前記各参照データに含まれる入力データと所与の入力データとの類似度と、該分類に属する前記各参照データに含まれる出力データと、に基づいて、出力データを生成・出力するデータ出力手段と、
を含むことを特徴とするデータ処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT