有機フォトカソードおよびその製造方法

開放特許情報番号
L2013002040
開放特許情報登録日
2013/10/3
最新更新日
2016/7/27

基本情報

出願番号 特願2012-031253
出願日 2012/2/16
出願人 国立大学法人島根大学
公開番号 特開2013-168296
公開日 2013/8/29
登録番号 特許第5943321号
特許権者 国立大学法人島根大学
発明の名称 有機フォトカソードおよびその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 有機分子層を用いたフォトカソード
目的 設計自由度が高く、製造も容易なフォトカソードを提供する。
効果 設計自由度が高く、製造も容易なフォトカソードを提供することができる。
有機物と金属微粒子の組合せを種々選択することにより、特定エネルギーの光を検出可能となる(仕事関数にバリエーションをもたせることができる)。
柔軟な基板上にも製造可能であり、また、大面積化にも対応可能となる(形状にバリエーションをもたせることができる)。
低温で成膜可能であり、大面積化にも対応ができ、また、プラスチックフィルムのような柔軟な基板上にも作成できる。金属に関しても、膜を形成するよりも使用する原料が少なくて済み、好適である。
技術概要
有機半導体の表面に金属微粒子が蒸着または堆積したフォトカソードであって、有機半導体のイオン化ポテンシャルと金属微粒子の仕事関数の何れよりも低いエネルギーの光照射により電子放出を生じることを特徴とするフォトカソード。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT