画像処理装置、画像処理方法、及び画像処理プログラム

開放特許情報番号
L2013002001
開放特許情報登録日
2013/9/27
最新更新日
2013/11/1

基本情報

出願番号 特願2009-168198
出願日 2009/7/16
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2011-019768
公開日 2011/2/3
発明の名称 画像処理装置、画像処理方法、及び画像処理プログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理装置
目的 医療機器から得られた3次元画像群のデータに対して、複数の局所的なVOIを設定して位置あわせを行うことで、処理時間を大幅に短縮しつつ、精度よく位置あわせを行う画像処理装置等を提供する。
効果 異なる3次元画像群の間の画像の位置合わせ処理時間を大幅に短縮しつつ、精度よく位置合わせを行うことができる。
また、大まかな初期位置合わせを行うことができるため、以降の厳密な位置あわせ処理における処理範囲を限定して処理時間を短縮することができる。
モダリティごとの長所を活かした処理画像を生成することができる。
一つの画像上で異なる3次元画像群の画像を比較読影することができ、医師による画像の確認作業を簡略化することができると共に、位置合わせの正確性の評価を容易に行うことができる。
技術概要
医療機器により得られる3次元画像群の間で位置合わせを行う画像処理装置において、
前記3次元画像群における複数の局所的な3次元関心領域を設定する関心領域設定手段と、
当該関心領域設定手段が設定した3次元関心領域における特徴部を抽出する特徴抽出手段と、
当該特徴抽出手段が抽出した特徴部について、異なる3次元画像群の間で対応する対応点を決定する対応点決定手段と、
当該対応点決定手段が決定した、異なる3次元画像群の間のそれぞれの対応点が合致するように、前記対応点の位置を特定して最適なパラメータを決定するパラメータ決定手段と、
当該パラメータ決定手段が決定したパラメータに基づいて、前記3次元画像群の位置あわせを行う位置あわせ手段とを備えることを特徴とする画像処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT