高速回転装置

開放特許情報番号
L2013001992
開放特許情報登録日
2013/9/27
最新更新日
2014/5/27

基本情報

出願番号 特願2009-266323
出願日 2009/11/24
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2011-112068
公開日 2011/6/9
登録番号 特許第5504532号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 高速回転装置
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 高速回転装置
目的 高速回転時の振動発生を抑制すると共に、高速回転体の回転時だけでなく、静止時においても安定な状態に維持する。
効果 (1)フライホイールや高速タービンなどの回転体の重心を支持軸受の支持点より低くした、いわゆるヤジロベエの原理を用いることで、回転体は回転時だけでなく静止時にも安定して浮上支持することができる。
(2)回転体は回転時に安定かつ超高速回転することが容易にできる。
(3)慣性モーメントを増大することが容易なので、フライホイール電力貯蔵量を増大することが容易である。
(4)ヤジロベエの様に基本的に1点支持構造なので、電力貯蔵装置は全体的に小型化が容易である。
技術概要
回転主軸上にフライホイールを固定して回転体を構成し、該回転体を非接触支持する軸受の固定側をハウジングに取り付けた高速回転装置において、
前記回転体の下端側を非接触支持する軸受として、1つのみの超電導軸受を備え、
前記フライホイールは円板部と、その外周に固定或いは一体形成された円筒部から構成され、かつ、前記円筒部は、前記超電導軸受の外周側に位置して覆うように配置されることから成る高速回転装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT