被験物のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2013001989
開放特許情報登録日
2013/9/27
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2010-056824
出願日 2010/3/13
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2011-188783
公開日 2011/9/29
登録番号 特許第5717271号
特許権者 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 被験物のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 有害物の検出技術、高度水素生産菌を活用した有害化学物質(被験物)のスクリーニング方法
目的 化学物質の有害性の有無の評価を、迅速、かつ、高感度に検出できる技術(スクリーニング方法)を提供する。
効果 本発明のスクリーニング方法によると、有害物の迅速な測定が可能であり、これに水素センサ膜を組み合わせると、簡易判定の手段ともなる。
また、新規化学物質の安全性評価にも有効である。
本発明は、新規化学物質の有害性の有無の判定や食品の安全性評価に活用でき、最終的には、ヒトの健康QOLの維持・向上に役立つ技術としての効果が期待できる。
技術概要
被験物の存在下に高度水素生産菌を培養し、該菌の水素生成量の変化を測定することによって、被験物の生物毒性を判定することを特徴とする被験物のスクリーニング方法。高度水素生産菌としては、遺伝子改変された大腸菌が用いられる。好ましくは、 BW25113株を遺伝子改変したものである。かかる大腸菌の変異株(TT100株:大腸菌BW25113 hyaB hybC hycA fdoG aceE frdC ldhA株)は、グルコースを含有するLB培地を用いて培養するのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT