金−銀コアシェルナノロッド粒子及びその製造方法

開放特許情報番号
L2013001933
開放特許情報登録日
2013/9/25
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2011-545270
出願日 2010/12/10
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 WO2011/071167
公開日 2011/6/16
登録番号 特許第5709219号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 金−銀コアシェルナノロッド粒子及びその製造方法
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金−銀コアシェルナノロッド粒子
目的 CTAB等のカチオン性界面活性剤が他の化合物で置き換えられた金−銀コアシェルナノロッド粒子及びその製造方法を提供する。
効果 一般式(I)で表される基を有する重合性モノマー(A)を少なくとも重合させたブロック共重合体又はグラフト共重合体によって、CTAB等のカチオン性界面活性剤が置き換えられた金−銀コアシェルナノロッド粒子を製造することができる。上記共重合体は、細胞に対して毒性を示さないので、金−銀コアシェルナノロッド粒子の有するフォトサーマル効果を利用した治療が期待できる。
技術概要
本発明の金−銀コアシェルナノロッド粒子は、金ナノロッド粒子をコアとし、上記金ナノロッド粒子の表面に、銀からなるシェル層が被覆され、上記シェル層の表面に、共重合体が吸着した金−銀コアシェルナノロッド粒子であり、上記共重合体は、一般式(I)で表される基を有する重合性モノマー(A)を少なくとも重合させたブロック共重合体又はグラフト共重合体であることを特徴とする。式中、R↑aは、炭素数2〜7のアルキレン基を表す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT