導電性薄膜、積層体、アクチュエータ素子及びその製造法

開放特許情報番号
L2013001919
開放特許情報登録日
2013/9/23
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2013-129347
出願日 2013/6/20
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-003967
公開日 2015/1/8
発明の名称 導電性薄膜、積層体、アクチュエータ素子及びその製造法
技術分野 電気・電子、化学・薬品、輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 導電性薄膜、積層体、アクチュエータ素子及びその製造法
目的 性能の向上したアクチュエータを提供する。
効果 本発明によれば、特別で高価なカーボンナノチューブでなく、電池材料分野で汎用品で安価な、カーボンブラックまたはグラファイトを用いても導電性薄膜を得ることができるため、様々なカーボンブラックまたはグラファイトを用いて、効率のよい変形応答のアクチュエータ素子を提供することができるようになった。そしてアクチュエータの伸縮率、高速応答性が飛躍的に大きくなる素子を得ることができるようになった。
技術概要
カーボンブラックまたはグラファイト、ポリマーおよびイオン液体から構成される導電性薄膜。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT