カチオン界面活性剤、アニオン界面活性剤/カチオン界面活性剤混合組成物、及び毛髪用化粧料

開放特許情報番号
L2013001894
開放特許情報登録日
2013/9/11
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2009-291237
出願日 2009/12/22
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2011-131137
公開日 2011/7/7
登録番号 特許第5713482号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 アニオン界面活性剤/カチオン界面活性剤混合組成物、及び毛髪用化粧料
技術分野 機械・加工、有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、洗浄・除去
適用製品 カチオン界面活性剤、アニオン界面活性剤/カチオン界面活性剤混合組成物、及び毛髪用化粧料
目的 等モル付近あるいは炭素数の等しいアニオン界面活性剤と混合した場合であっても沈殿の形成を長期的に抑制することができ、液体化粧料等の用途に適するカチオン界面活性剤、アニオン界面活性剤/カチオン界面活性剤混合組成物、及び毛髪用化粧料を提供する。
効果 本発明に係るカチオン界面活性剤、アニオン界面活性剤/カチオン界面活性剤混合組成物は、不溶性の塩による沈殿等が形成されるのを長期的に抑制し、透明性に優れ、潤いと滑らかさ等を与えることができる界面活性剤を提供することができる。
本発明に係る混合組成物は、ヘアシャンプー、ヘアリンス等の毛髪用化粧料や、殺菌消毒剤や殺菌洗浄剤等の殺菌剤等に適用することができる。
透明性に優れ、髪に潤いと滑らかさを与えることができる毛髪用化粧料を提供することができる。
技術概要
式(I)(下記、イメージ図参照)で表されることを特徴とするカチオン界面活性剤。
(式(I)中、R↓1は、炭素数が6〜18の直鎖または分岐鎖のアルキル基、R↓2はメチル基またはエチル基、Xはハロゲン、をそれぞれ示す。)

例えばジグリセリルメチルラウリルアンモニウムクロライドは親水性の高いグリセリン基で修飾された四級アンモニウム塩であり、水と混合して水溶液状とした場合でも、組み合わされるアニオン界面活性剤とベシクルを形成する等により、等モル付近あるいは炭素数の等しいアニオン界面活性剤と組み合わせた場合も含め、不溶性の塩による沈殿等が形成されるのを長期的に抑制でき、透明性に優れ、潤いと滑らかさ等を与えることができる界面活性剤となり、毛髪用化粧料や殺菌剤等に適用することができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT