太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナ

開放特許情報番号
L2013001891
開放特許情報登録日
2013/9/11
最新更新日
2014/1/27

基本情報

出願番号 特願2009-217504
出願日 2009/9/18
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2011-066320
公開日 2011/3/31
登録番号 特許第5403608号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナ
目的 長期の実使用状態においても、太陽照射時の発電を妨げることなく太陽電池アレイの電気特性を診断して、太陽電池アレイの故障を早期に発見することができる太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナを提供する。
効果 長期の実使用状態においても、太陽照射時の発電を妨げることなく太陽電池アレイの電気特性を診断して、太陽電池アレイの故障を早期に発見することができる。また、バイパスダイオードの故障も早期に発見することができる。
技術概要
太陽電池20及びバイパスダイオード21を備えた複数の太陽電池モジュール14とブロッキングダイオード18とを直列接続した太陽電池ストリングス16を、複数個並列に接続した太陽電池アレイ12の、太陽電池ストリングス16のブロッキングダイオード18を除いた測定対象部位に、太陽電池が発電していない時間帯において、太陽電池ストリングス16毎に充電した入力コンデンサ26を接続して放電させ、放電時に測定対象部位の電圧及び電流を電圧センサ24及び電流センサ22で測定し、測定した電圧及び電流から得られるI−V特性の変化に基づいて、測定対象部位の電気特性を診断する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT