5−ピリミジルアルカノール化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2013001871
開放特許情報登録日
2013/9/11
最新更新日
2014/8/27

基本情報

出願番号 特願2010-053107
出願日 2010/3/10
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2011-184389
公開日 2011/9/22
登録番号 特許第5557278号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 5−ピリミジルアルカノール化合物の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 5−ピリミジルアルカノール化合物の製造方法
目的 キラリティーが選択的に制御された5−ピリミジルアルカノール化合物の製造方法の提供。
効果 キラリティーが選択的に制御された5−ピリミジルアルカノール化合物を容易に製造することができる。
P体のキラル硫酸トリグリシン結晶を不斉開始剤として用いた場合にはR体の特定の5−ピリミジルアルカノールが、M体のキラル硫酸トリグリシン結晶を用いた場合にはS体の特定の5−ピリミジルアルカノール化合物が、それぞれ高い鏡像体過剰率(ee)で得られる。
技術概要
X線構造解析におけるb軸に沿った一方向に電場を作用させた硫酸トリグリシン結晶の存在下において、ピリミジン−5−カルバルデヒド化合物とジイソプロピル亜鉛とを反応させることにより、特定のキラリティーを有する式(2)で表される5−ピリミジルアルカノール化合物を得る製造方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT