細胞の評価方法、細胞測定用システム、及び細胞測定用プログラム

開放特許情報番号
L2013001866
開放特許情報登録日
2013/9/11
最新更新日
2013/9/11

基本情報

出願番号 特願2006-547683
出願日 2005/10/24
出願人 国立大学法人大阪大学
公開番号 WO2006/061958
公開日 2006/6/15
登録番号 特許第4521572号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 細胞の評価方法、細胞測定用システム、及び細胞測定用プログラム
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 細胞の評価方法、細胞測定用システム、及び細胞測定用プログラム
目的 細胞の細胞周期におけるステージ判定を、迅速かつ高い信頼度で行うことができる方法を提供する。さらには、細胞を死滅させることなく生きた状態でステージ判定を行うことができる方法を提供する。また、前記細胞のステージの判定を自動で判定する細胞測定用システム、及び細胞のステージの判定をコンピュータに実行させる細胞測定用プログラムを提供する。
効果 迅速、簡便、かつ信頼性の高い評価を行うことができる。さらに、分裂期全体に影響が及ばないような微少な変化であっても検出することが可能となる。同様に、阻害物質の細胞活性への影響を低濃度であっても評価することができる。
細胞の生死に影響を与える可能性のある化合物を細胞外部から導入することなく細胞の蛍光画像を取得することができる。すなわち、死んだ細胞ではなく、生細胞の活性を評価することが可能である。
生細胞について細胞周期のステージを簡便に判定することができ、かかる判定結果は細胞の活性度を評価するために有用である。
技術概要
(a)特定の生細胞内における染色体の状態を反映する画像を所定時間間隔毎取得する工程、及び、
(b)前記画像に基づいて、染色体の状態に対応するパラメータを算出し、前記算出の結果に基づいて前記特定の生細胞の細胞周期における所定時間間隔毎のステージを判定する工程、を有し、
前記パラメータとして、染色体の円形度、染色体の丸み度、染色体の長軸と短軸の長さの比、染色体の真円度、染色体のフェレ直径、染色体とこれに近接する染色体との重心間の距離、染色体の長軸とこれに近接する染色体の長軸との角度、またはこれらの複数を含む、細胞の評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT