分岐ポリアルキレングリコール誘導体、感光性組成物、架橋体及び基板

開放特許情報番号
L2013001862
開放特許情報登録日
2013/9/11
最新更新日
2013/12/20

基本情報

出願番号 特願2009-544727
出願日 2008/12/5
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 WO2009/072590
公開日 2009/6/11
登録番号 特許第5388126号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 分岐ポリアルキレングリコール誘導体、感光性組成物、架橋体及び基板
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 分岐ポリアルキレングリコール誘導体、感光性組成物、架橋体及び基板
目的 高精度にパターニング可能で、細胞の非接着状態を経時安定的に維持可能な親水性領域を有する基板、該親水性領域を形成する架橋体、並びに該架橋体を形成可能な感光性組成物及びそれに含まれる分岐ポリアルキレングリコール誘導体を提供する。
効果 高精度にパターニング可能で、細胞の非接着状態を経時安定的に維持可能な親水性領域を有する基板、該親水性領域を形成する架橋体、並びに該架橋体を形成可能な感光性組成物及びそれに含まれる分岐ポリアルキレングリコール誘導体を提供することができる。
技術概要
本発明は、基材と、末端に重合性置換基を有するポリアルキレングリコール基の3以上と、前記ポリアルキレングリコール基と結合する3価以上の連結基と、を有する分岐ポリアルキレングリコール誘導体からなる架橋体が基材上に配置された基板である。本発明の基板は、高精度にパターニング可能で、細胞の非接着状態を経時安定的に維持可能である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT