靴下装着補助具

開放特許情報番号
L2013001844
開放特許情報登録日
2013/9/4
最新更新日
2013/9/19

基本情報

出願番号 実願2013-002008
出願日 2013/3/21
出願人 仲野 優子
登録番号 実用第3184217号
特許権者 仲野 優子
発明の名称 靴下装着補助具
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 靴下装着補助具
目的 高齢者や身体に障害があって、腰を屈めたり、下肢を曲げることが困難で、一人で靴下を装着するのが困難な人が、他人の世話を受けることなく、簡単に靴下を装着出来る、使い易い靴下装着補助具を提供する。
効果 使用前は携帯し易いコンパクトな折畳み体であるので使用者が使用したい場所で使用したい時に使用が容易で、可撓性板状体は小さな力で丸め易いので、本考案の靴下装着補助具は操作性が良好となった。
また、靴下装着補助具の本体部を成す可撓性板状体の足裏に接する内側表面は摩擦抵抗が小さいポリプロポピレンなどの素材で構成されているので足先は靴下に挿入し易く、靴下に接する外側表面は摩擦抵抗が大きい綿などの縫い合わせ材で構成されているので靴下から容易に引き抜くことができ、且つ靴下を足に沿って正確に引き上げることができる。
技術概要
外縁部1が縫い合わせ材で縫い合わせ2枚重ね固定され、該外縁部に内接した空気抜き部2を有する可撓性板状体3と、該可撓性板状体の足挿入側に一体連結された引き抜き・巻き束ね固定用紐材4とからなる靴下装着補助具5において、足裏が接する該可撓性板状体が軽くて、強度があり、耐候性・耐衝撃性になどに優れて、身体に安全な表面摩擦抵抗の小さいポリプロピレンやナイロン樹脂やABS樹脂などの硬質プラスチック材などで成型され、該縫い合わせ材が該可撓性板状体より表面摩擦抵抗の大きい伸び縮みできる綿や粗織りされた天然繊維やゴム材などで構成する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 技術評価は6

登録者情報

登録者名称 仲野 優子

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT