導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜の製造方法

開放特許情報番号
L2013001802
開放特許情報登録日
2013/8/27
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2008-270238
出願日 2008/10/20
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2010-097914
公開日 2010/4/30
登録番号 特許第5483228号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜の製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び、その製造方法
目的 比表面積の大きな多孔質体であって、良好な電気化学特性が期待できる導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜の製造方法を提供する。
効果 電気化学特性に優れた導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜を提供することができる。
半導体分野、電子デバイス分野、電気化学デバイス分野等で使用される二次電池等に適用される電極等を提供する技術として有利に使用することができる。
二次電池、電気化学キャパシタ等の電極材料や、ガスセンサー・燃料電池に用いるガス拡散電極材料等といった、大きな比表面積を必要とする電極やその構成材料として使用することができる。
技術概要
導電性ダイヤモンドからなる中空ファイバーが三次元的に絡み合って形成されていることを特徴とする導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT