液晶組成物及びスイッチング素子

開放特許情報番号
L2013001790
開放特許情報登録日
2013/8/27
最新更新日
2013/8/27

基本情報

出願番号 特願2007-333743
出願日 2007/12/26
出願人 学校法人東京理科大学
公開番号 特開2009-155416
公開日 2009/7/16
登録番号 特許第5283254号
特許権者 学校法人東京理科大学
発明の名称 液晶組成物及びスイッチング素子
技術分野 化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 スイッチング素子及び該スイッチング素子に用いられる液晶組成物
目的 液晶を用いた新規なスイッチング素子及びそれに用いられる液晶組成物を提供する。
効果 誘電率の変化を利用した新規なスイッチング素子及びそれに用いられる液晶組成物が提供される。
技術概要
基板1A及び基板1Bと、電極2A及び電極2Bと、配向膜3A及び配向膜3Bと、配向膜3A及び配向膜3Bとの間に形成された液晶組成物を含む液晶層4と、電極2A及び電極2Bに接続され、所定周波数の電圧を液晶層4に印加する電源8と、電源8による印加電圧及び周波数を制御する制御部9と、を備えたスイッチング素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT