非ヒトノックアウト動物、並びにその用途およびその作製方法

開放特許情報番号
L2013001774
開放特許情報登録日
2013/8/20
最新更新日
2015/4/23

基本情報

出願番号 特願2010-090078
出願日 2010/4/9
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2011-217667
公開日 2011/11/4
登録番号 特許第5692677号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 非ヒトノックアウト動物、並びにその用途およびその作製方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 非ヒトノックアウト動物、並びにその用途およびその作製方法
目的 PI3K−C2α遺伝子を欠損させた非ヒトノックアウト動物およびその作製方法の提供。及び、このノックアウト動物や当該動物由来の組織・細胞を用いた用途の提供。
効果 血管形成に関連した疾患・症状の病態生理を把握する上で新しいモデル動物として、基礎研究のみならず臨床的にも貴重な生物資源となる。また、このモデル動物を用いることで、上記疾患・症状を治療および/または予防することができる候補物質を個体レベルでスクリーニングすることも可能となる。
技術概要
相同染色体上でPI3K−C2α遺伝子の全部または一部の機能を喪失しており、脈管形成および/または血管新生に関連した疾患または症状を呈する、非ヒトノックアウト動物やその子孫動物、当該動物由来の組織・細胞。当該動物や組織・細胞を用いた、脈管形成および/または血管新生に関連した疾患または症状を予防および/または治療するための候補物質のスクリーニング方法や、上記疾患/症状のバイオマーカーのスクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT