リン回収剤及びそれを用いた排水の浄化方法

開放特許情報番号
L2013001769
開放特許情報登録日
2013/8/20
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2010-174259
出願日 2010/8/3
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2012-030210
公開日 2012/2/16
登録番号 特許第5618064号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 リン回収剤及びそれを用いた排水の浄化方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 リン回収剤
目的 排水中から効果的にリンの回収ができ、酸性土壌下でのリン酸肥料として再利用可能なリン回収剤及びそれを用いた排水の浄化方法の提供。
効果 モノハイドロカルサイトを主な成分とし、排水中からリンを効果的に回収でき、回収後はリン酸肥料として再利用できるので湖沼の富栄養化抑制に寄与できるとともに、リン資源の枯渇問題の対策にも貢献できる。
従来のゲーサイトは、取り込んだリンを容易に脱離しないことから資源としての再利用に劣るのに対して本発明に係るモノハイドロカルサイトは酸性土壌下でのリン酸肥料として再利用できる。
技術概要
Mg↑(2+)イオンとCa↑(2+)イオンとがMg/Ca=0.3以上の割合で含有する水溶液に、可溶性炭酸塩又は炭酸塩の水溶液を混合することで沈殿生成したモノハイドロカルサイトであることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT