幹細胞から褐色脂肪細胞への分化誘導促進剤

開放特許情報番号
L2013001756
開放特許情報登録日
2013/8/20
最新更新日
2015/12/22

基本情報

出願番号 特願2010-290024
出願日 2010/12/27
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2012-135261
公開日 2012/7/19
登録番号 特許第5822189号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 幹細胞から褐色脂肪細胞への分化誘導促進剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 分化誘導促進剤および分化誘導方法
目的 幹細胞から褐色脂肪細胞を効率よく選択的に分化誘導するための、分化誘導促進剤および分化誘導方法を提供することを目的とする。
効果 本発明の分化誘導促進剤および分化誘導方法によれば、高効率で、間葉系幹細胞から褐色前駆脂肪細胞への分化誘導、および、褐色前駆脂肪細胞から褐色脂肪細胞への分化誘導を促進することができ、効率的に褐色脂肪前駆細胞や褐色脂肪細胞を得ることが可能となる。褐色脂肪細胞は中性脂質を直接熱に変換して消費することができ、メタボリックシンドローム及び肥満の予防及び/又は改善に応用することができる。
技術概要
幹細胞から褐色脂肪細胞への分化誘導促進剤、幹細胞から褐色脂肪細胞の分化誘導方法、当該方法により生成された細胞、前記分化誘導促進剤および/または前記細胞を含む医薬組成物、並びに、糖尿病等の予防剤及び/又は改善剤のスクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT