GSK3β阻害効果に基づく抗がん剤の評価方法

開放特許情報番号
L2013001753
開放特許情報登録日
2013/8/20
最新更新日
2013/8/20

基本情報

出願番号 特願2012-091933
出願日 2012/4/13
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2012-187105
公開日 2012/10/4
発明の名称 GSK3β阻害効果に基づく抗がん剤の評価方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策、検査・検出
適用製品 抗がん剤の開発および抗がん剤の評価方法
目的 グリコーゲン合成酵素キナーゼ3β(GSK3β)のがん細胞の生存・増殖への関与を明らかにし、がんの治療・診断のための新たな手段を提供する。
効果 GSK3β抑制効果に基づく新規の抗がん剤の提供とそのスクリーニングが可能になる。また、GSK3βレベルを指標とするがんの早期診断が可能になる。
本発明は、がん治療や予防のための新規戦略の開発とがんの分子疫学的研究の展開に貢献するものと期待される。
技術概要
グリコーゲン合成酵素キナーゼ3β(GSK3β)の第216番目チロシン残基のリン酸化により活性化される前記酵素の活性に対する阻害効果を指標として、被験物質の抗がん剤としての効果を評価する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT