赤かび病抵抗性植物の作製方法およびその利用

開放特許情報番号
L2013001733
開放特許情報登録日
2013/8/20
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2011-015302
出願日 2011/1/27
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2011-172562
公開日 2011/9/8
登録番号 特許第5794610号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 赤かび病抵抗性植物の作製方法およびその利用
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 赤かび病抵抗性植物の作製方法およびその利用
目的 赤かび病に対して抵抗性を有する植物の作製方法およびその利用等を提供する。
効果 赤かび病菌、特にDONやNIV等のタイプBのトリコテセン系カビ毒を産生する赤かび病菌に対する抵抗性を有する植物を得ることができる。
技術概要
イネ科植物において、特定のアミノ酸配列を有し、赤かび病に対する感受性に関与するタンパク質をコードする遺伝子の発現を抑制する、RNAi法、アンチセンス法、遺伝子破壊法および共抑制法等の工程を含む、赤かび病抵抗性植物の作製方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT