高分子担持ホウ素触媒及びこの触媒を用いたマイケル付加反応生成物の製法

開放特許情報番号
L2013001729
開放特許情報登録日
2013/8/15
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2012-504368
出願日 2011/2/9
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 WO2011/111460
公開日 2011/9/15
登録番号 特許第5544415号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 高分子担持ホウ素触媒及びこの触媒を用いたマイケル付加反応生成物の製法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 高分子担持ホウ素触媒を用いたマイケル付加反応により炭素−炭素付加生成物を製造する方法
目的 マイケル付加反応へ応用することのできるホウ素を高分子に固定化した高分子担持ホウ素触媒及びこの高分子担持ホウ素触媒を用いてマイケル付加反応により炭素−炭素付加生成物を製造する方法を提供する。
効果 ホウ素化合物を担持した高分子は、エポキシ基などの架橋性官能基を含む場合、架橋することができる。架橋することによりホウ素化合物は安定化すると共に種々の溶剤に対して不溶化し、担持したホウ素化合物の漏れを防止することができ、ホウ素化合物を担持した高分子鎖同士を結合させることや、架橋基を有する材料など適当な担体に結合させることもできる。
技術概要
 
本発明の高分子担持ホウ素触媒は、NaBH↓4などのホウ素化合物をスチレン系高分子に担持させて成る。この高分子担持ホウ素触媒の存在下で、液相で、(a)CH↓2(R↑1)↓2(式中、R↑1は、COR↑7(式中、R↑7は炭化水素基を表す。)、−NO↓2、−CNなどの電子求引性基を表す。)などで表される求核剤と、(b)CH↓2=CH(COR↑9)(式中、R↑9は炭化水素基を表す。)などで表されるビニル化合物とを反応させて、マイケル付加反応により
CH(R↑1)↓2−CH↓2−CH↓2(COR↑9)
(式中、R↑1、R↑9は上記と同じ。)などで表される付加生成物を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT