Acremoniumcellulolyticus(アクレモニウム・セルロリティカス)由来のβ−グルコシダーゼ及びその利用

開放特許情報番号
L2013001709
開放特許情報登録日
2013/8/14
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2013-098248
出願日 2013/5/8
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-217312
公開日 2014/11/20
発明の名称 Acremoniumcellulolyticus(アクレモニウム・セルロリティカス)由来のβ−グルコシダーゼ及びその利用
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規なβ−グルコシダーゼ及びその利用
目的 効率的にリグノセルロース系バイオマスを糖化することを可能にする、優れた性質を有するβ−グルコシダーゼ及びそれをコードするポリヌクレオチドを提供する。
効果 本発明のβ−グルコシダーゼは、他のセルラーゼと共に使用することに適している。更に、本発明のポリヌクレオチドは、その発現によって、2種類の異なるβ−グルコシダーゼを生成するという驚くべき効果を有する。よって、本発明のポリヌクレオチドを利用することにより、上記の優れた性質を有する2種類のβ−グルコシダーゼを同時に効率的に製造することを可能にする。
技術概要
下記の(a)又は(b)のポリヌクレオチド:
(a)配列番号1又は2の塩基配列を有するポリヌクレオチド;
(b)配列番号1又は2の塩基配列と90%以上の同一性を有し、且つ、β−グルコシダーゼ活性を有するポリペプチドをコードするポリヌクレオチド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT