ダイバーシティ光伝送装置および方法

開放特許情報番号
L2013001622
開放特許情報登録日
2013/8/6
最新更新日
2015/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-182727
出願日 2011/8/24
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2013-046230
公開日 2013/3/4
登録番号 特許第5804365号
特許権者 国立大学法人 大分大学
発明の名称 ダイバーシティ光伝送装置および方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 ダイバーシティ光伝送装置
目的 マルチコア光ファイバを用いたダイバーシティ伝送により、大容量かつ長距離伝送を可能とするダイバーシティ光伝送装置および方法を提供する。
効果 マルチコア光ファイバを伝送媒体として用い、信号光をマルチコアにて経路分割伝送、すなわちダイバーシティ伝送を行うことによって、コアあたりの入力光強度をファイバ非線形現象の影響が小さくなるまで減少させることができる。一方、受信端では最大比合成の原理に従って経路分割伝送信号光を合波して受信処理を行うことにより、光SNRが経路分割前の全光強度による伝送と等価な値を回復させることができる。
技術概要
光送信手段と光受信手段との間で、複数N以上のコアから構成されるマルチコア光ファイバを伝送媒体として信号光をダイバーシティ伝送するダイバーシティ光伝送装置において、光送信手段から送信される信号光の強度をN個に分割してマルチコア光ファイバのN個のコアへ入力する光分割手段と、マルチコア光ファイバのN個のコアから出力される各信号光に対して、各コアの特性に応じた重み付けを行ってそれぞれの振幅と位相を揃える光重み付け手段と、光重み付け手段から出力される各コアに対応の信号光を合成して光受信手段に出力する光合成手段とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT