回転2軸運動の同期精度の診断方法

開放特許情報番号
L2013001540
開放特許情報登録日
2013/7/31
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願2011-222764
出願日 2011/10/7
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2012-101348
公開日 2012/5/31
登録番号 特許第5757526号
特許権者 学校法人同志社
発明の名称 回転2軸運動の同期精度の診断方法
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 直交する2軸のまわりの回転運動の同期精度を診断する方法
目的 回転2軸運動の同期精度を低コストで簡単に診断できる方法を提供する。
効果 回転2軸のまわりに互いに独立に回転可能に支持された平坦なプレート面上に球を置き、該プレートを、該2軸のまわりに互いに位相が90°ずれたサイン関数の振幅で与えた角度で周期的に回転運動させ、プレート面上における球の運動の軌跡の基準円からの偏差を検出することで、回転2軸運動の同期精度を診断するようにしたので、従来のような高価なDBBや高精度ジャイロセンサーを使用することなく、極めて簡単にかつ低コストで診断が行える。
技術概要
2軸のまわりに互いに独立に回転可能に支持された平坦なプレート面上の所定の位置に球を置く(S1)。プレートを、水平位置から、2軸のうちの一方の軸のまわりに、サイン関数の振幅で与えた角度でもって周期的に回転運動させるとともに、2軸のうちの他方の軸のまわりに、前記サイン関数と位相が+90°異なるサイン関数の振幅で与えた角度でもって周期的に回転運動させることによって、球をプレート面上において滑り運動することなく転動させる(S2)。プレート面上における球の運動の軌跡の、予め計算した基準円からの偏差を検出することによって、2軸のまわりの回転運動の同期精度を診断する(S3)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT