中間膜形成用樹脂組成物、合わせガラス用中間膜、および合わせガラス

開放特許情報番号
L2013001497
開放特許情報登録日
2013/7/24
最新更新日
2013/7/24

基本情報

出願番号 特願2006-080266
出願日 2006/3/23
出願人 株式会社ブリヂストン
公開番号 特開2007-254202
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4519093号
特許権者 株式会社ブリヂストン
発明の名称 中間膜形成用樹脂組成物、合わせガラス用中間膜、および合わせガラス
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 合わせガラスの中間膜の形成に好適に利用される樹脂組成物
目的 透明度を確保しつつ、耐貫通性に優れる合わせガラスの中間膜を形成するために用いられる中間膜形成用樹脂組成物を提供する。耐貫通性に優れる合わせガラス用中間膜、および、これを用いた合わせガラスを提供する。
効果 耐貫通性に優れる合わせガラス用中間膜を形成することが可能である。したがって、前記中間膜形成用樹脂組成物を用いて形成された中間膜を合わせガラスは、外部から衝撃が加えられても、中間膜が容易に破壊されず、破損したガラスが中間膜に接着されたままでガラス破片の飛散を抑制することができ、防犯性、安全性が極めて良好である。
技術概要
 
エチレン酢酸ビニル共重合体、架橋剤、および架橋助剤を含む合わせガラス用中間膜形成用樹脂組成物であって、
前記架橋助剤として、ジエチレングリコールジメタクリレート、トリエチレングリコールジメタクリレート、およびテトラエチレングリコールジメタクリレートよりなる群から選択される少なくとも一種を含み、且つ
前記エチレン酢酸ビニル共重合体における酢酸ビニルの含有量が、前記エチレン酢酸ビニル共重合体100質量部に対して21〜24質量部であることを特徴とする合わせガラス用中間膜形成用樹脂組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT