暗所における複数車両監視方法と監視システム

開放特許情報番号
L2013001482
開放特許情報登録日
2013/7/24
最新更新日
2013/7/24

基本情報

出願番号 特願2006-211334
出願日 2006/8/2
出願人 学校法人帝京大学
公開番号 特開2008-040616
公開日 2008/2/21
登録番号 特許第4578447号
特許権者 学校法人帝京大学
発明の名称 暗所における複数車両監視方法と監視システム
技術分野 情報・通信、輸送、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 暗所における複数車両監視方法と監視システム
目的 低コストで複数の監視対象物を同時にかつ容易に監視することができる暗所における監視技術を提供する。
効果 暗所における監視対象物である複数車両を、赤外線CCDカメラ、画像処理を行う処理装置および監視対象物に貼着するマークを用いるだけで、特別なハードウェアを必要とせず、同時にかつ簡便な手法、低コストで監視することが可能となる。
技術概要
暗所において監視対象物である複数台の車両を、赤外線CCDカメラ、画像処理を行う処理装置および監視対象物に貼着するマークを用いて同時に監視する方法。
監視対象物である複数車両に、近赤外線を反射させるマークをそれぞれ貼着しておき、
監視対象物である複数車両の存在領域をカバーする赤外線CCDカメラにより、近赤外線を複数車両に貼着した前記マークに照射し前記マークからの反射光を受光し、
処理装置は、赤外線CCDカメラが受光した複数のマークの配列情報を画像情報として受信し、
処理装置は、受信した複数のマークの配列情報を、予め記憶させておいた複数のマークの配列情報と比較し、その比較結果に基づいて、各車両の存在の有無を判断することにより複数車両を同時監視することを特徴とする暗所における複数車両監視方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人帝京大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT