不在予測装置、不在予測方法、及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2013001451
開放特許情報登録日
2013/7/22
最新更新日
2016/11/25

基本情報

出願番号 特願2013-062753
出願日 2013/3/25
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-186005
公開日 2014/10/2
登録番号 特許第6011868号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 不在予測装置、不在予測方法、及びそのプログラム
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 不在予測装置、方法及びプログラム
目的 人検知センサからのセンサデータに基づいて、家全体での不在予測を行う不在予測装置を開発する。
効果 各部屋に人検知センサを設け、不在との相関性が高い部屋を選定し、選定した部屋での人検知センサデータに基づいて予測することで家全体でより精度高く不在予測を行うことが可能となる。また、不在予測を行うにあたって、相関の高い部屋を選定しているため、より精度高く予測を行うことが可能となる。
技術概要
本発明の不在予測装置は、二以上の部屋に各々に設けられ、人の在不在を検出する人検知センサからセンサデータを記録するセンサデータ記憶部と、人検知センサからのセンサデータに基づいて部屋の不在を判定し、不在開始時刻及び不在時間を出力する不在判定部と、不在開始時刻から所定時間前まで遡った各部屋のセンサデータを前記センサデータ記憶部から取得し、不在時間と取得したセンサデータとに基づいて、部屋を選定する部屋選定部と、選定された部屋の人検知センサのセンサデータに基づいて、不在時間を予測する不在予測部と、を有する不在予測装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT