ポリ乳酸分解酵素及びそれを産生する微生物

開放特許情報番号
L2013001443
開放特許情報登録日
2013/7/22
最新更新日
2013/7/22

基本情報

出願番号 特願2011-137480
出願日 2011/6/21
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2013-000099
公開日 2013/1/7
発明の名称 ポリ乳酸分解酵素及びそれを産生する微生物
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 新規のポリ乳酸分解酵素、前記酵素をコードする核酸、前記酵素を産生する新規微生物、及び、前記核酸が組み込まれた組換え微生物
目的 PLA分解能を有する新規酵素及び新規微生物を提供し、さらに、それらを用いた効率的なPLA分解方法を提供する。
効果 PLA分解能を有する新規酵素及び新規微生物、さらに、それらを用いた効率的なPLA分解方法が提供される。
技術概要
下記(a)〜(c)からなる群から選択されるポリペプチドを含有するタンパク質。
(a)ミクロモノスポラ(Micromonospora)属由来の特定のアミノ酸配列からなるポリ乳酸分解活性を有するポリペプチド。
(b)ミクロモノスポラ(Micromonospora)属由来の特定のアミノ酸配列に対して1個または数個のアミノ酸が欠失、置換、付加、または挿入されたアミノ酸配列を有し、かつ、ポリ乳酸分解活性を有するポリペプチド。
(c)ミクロモノスポラ(Micromonospora)属由来の特定のアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列を有し、かつ、ポリ乳酸分解活性を有するポリペプチド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT