立体視用特殊プリズムレンズ製画面フィルター

開放特許情報番号
L2013001439
開放特許情報登録日
2013/7/18
最新更新日
2014/5/30

基本情報

出願番号 特願2012-221691
出願日 2012/9/10
出願人 田野瀬 裕次
公開番号 特開2014-052616
公開日 2014/3/20
登録番号 特許第5215498号
特許権者 田野瀬 裕次
発明の名称 立体視用特殊プリズムレンズ製画面フィルター
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 特殊レンズ製画面フィルター
目的 十分な3D効果を得ることができる立体視用特殊プリズムレンズ製画面フィルターを提供する。
効果 特殊プリズムレンズ状に加工した画面フィルターのレンズ形状の特性だけでは不十分であった両眼視差を特殊レンズ製の画面フィルター自体を縦方向に湾曲させるという方法を組み合わせることで両眼視差だけではなく両眼像差も生じさせ、その結果、より効果的な立体臨場感を得ることができる。
本3D化フィルターはテレビなどの娯楽用映像の3D化に利用できるだけでなく、自動車運転シミュレータ画像や医用画像、天体観測画像の3D化などにも利用できる。
技術概要
フレネルレンズ化した特殊プリズムレンズ製画面フィルター3とシリンドリカル曲面状に縦方向に湾曲させた面2を有し、特殊プリズムレンズ製画面フィルターのレンズ形状により両眼に視差を生じさせるという3D化特性だけではなく片面を横方向に局率が同心円の均一でゆるやかなシリンドリカル曲面状に加工した特殊レンズ製画面フィルターにおいて、その画面フィルターのもう一方の平らな面を縦方向に局率が同心円の均一でゆるやかなシリンドリカル曲面状に湾曲させるという方法をその特殊プリズムレンズ製画面フィルターに組み合わせるという内容で構成されている。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 テレビやパソコンの手前に3Dフィルターを置くだけで裸眼で立体映像が楽しめます。
また、朝倉書店刊行の「裸眼3Dグラフィクス」に本発明の関連内容が紹介されました。

登録者情報

登録者名称 田野瀬 裕次

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT