樹脂成形体の表面再仕上法

開放特許情報番号
L2013001422
開放特許情報登録日
2013/7/10
最新更新日
2013/7/10

基本情報

出願番号 特願2001-335357
出願日 2001/10/31
出願人 株式会社ブリヂストン
公開番号 特開2003-136606
公開日 2003/5/14
登録番号 特許第3795375号
特許権者 株式会社ブリヂストン
発明の名称 樹脂成形体の表面再仕上法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 樹脂成形体の成形法
目的 防水パンを交換することなく、その表面の形状や模様を変更する成形技術を提供する。
効果 既存の防水パンを設置されたままでその表面上に新たなパターンをもつ樹脂成形層を構成するものであって、その作業は従来の作業よりも比較的簡単な作業で済むことになる。尚、本発明にあっては、防水パンをもって説明したが、他の樹脂成形体に適用できることは勿論であって、その利用範囲は極めて広い。
技術概要
樹脂成形体の表面再仕上法であって、再仕上げを行う樹脂成形体表面をサンディングする第1工程、サンディングした表面に樹脂をライニングする第2工程、ライニングした表面にコアマットを敷設する第3工程、コアマットに樹脂を含浸させる第4工程、表面再仕上板の裏側に樹脂層をコーティングする第5工程、コアマット上に表面再仕上板の裏側を圧接する第6工程、再仕上板の周囲をパテ埋めする第7工程、樹脂成形体の全表面をトップ塗装する第8工程、からなることを特徴とする樹脂成形体の再仕上法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT