亜鉛メッキスチールコードとゴムとの接着方法及びコンベアベルト

開放特許情報番号
L2013001417
開放特許情報登録日
2013/7/10
最新更新日
2013/7/10

基本情報

出願番号 特願2004-169414
出願日 2004/6/8
出願人 株式会社ブリヂストン
公開番号 特開2005-350491
公開日 2005/12/22
登録番号 特許第4508730号
特許権者 株式会社ブリヂストン
発明の名称 亜鉛メッキスチールコードとゴムとの接着方法及びコンベアベルト
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 亜鉛メッキスチールコードとゴム層とが接着されたコンベアベルト
目的 亜鉛メッキスチールコードとゴムとを良好な初期接着性で、かつ高湿度条件下において優れた耐水接着性で接着させることができる亜鉛メッキスチールコードとゴムとの接着方法及びこの接着方法により亜鉛メッキスチールコードとゴム層とが接着されたコンベアベルトを提供する。
効果 亜鉛メッキスチールコードとゴムとを良好な初期接着性で接着でき、しかも、高湿度の環境下に放置しても強固に接着し得、高湿度下での長時間の使用に十分耐え得る亜鉛メッキスチールコードとゴムとの複合体を得ることができる。また、本発明の亜鉛メッキスチールコードとゴムとの接着方法は、コンベアベルトの亜鉛メッキスチールコードとゴム層の接着に有効であり、この接着方法を用いて得られたコンベアベルトは、ベルト寿命が長く、接着性の信頼性確保のための点検、補修等のメンテナンスのコストや手間も省け、工業的に幅広く利用することができる。
技術概要
 
亜鉛メッキスチールコードに、硫黄加硫可能なゴム成分と、ジアクリル酸亜鉛、ジメタクリル酸亜鉛の少なくともいずれか一方と、有機コバルト塩とを含有するゴム組成物を密着させ、加硫することを特徴とする亜鉛メッキスチールコードとゴムとの接着方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT